« たまも会第二分会 | トップページ | 牟礼石明かりロード »

レーシック LASIK Ver1

この年で、以前10年以上前から考えていた近視矯正手術を受ける事にしました。昔はソビエトのメスで角膜を傷つけて治す近視矯正を考えましたが、さすがに受ける気はしませんでした。身の回りで3名ほど受けた人がいまして、香川では坂出の聖母眼科ーキリスト教かな?でのみ手術をしてるという事です。

電話をしますと、丁度土曜に説明会があると言うことで、説明を聞きにいきました。行くと8名の希望者で開催されましたが、いきなり手術日までの予定表を渡されビックリ、興味本位で覗いた人は可愛そう。面白かったのは片目ずつ手術をする人が居たことです。

片目の手術が終わって、もう片方の目の手術をするまでメガネはどうするんだろう?ん 

次の目の手術まで、片目のレンズを外して使用する?なんせ、コンタクトをしばらく外さないと手術出来ないから、メガネがないと生活できない…想像しましょう

てなことで10/8最初の検査、視力、目の大きさ角膜の厚さの測定とカウンセリング。角膜は平均の2割くらい厚いそうで削ってOK。カウンセリングは老眼が進むと言うことで、覚悟してるのでさっさと終わらしてもらう。

10/18ー2回目の診察、前回と同じ視力検査と医師による診察、これもOK。

三回目は院長診察と言うことで11/4です

以下は聖母眼科のレーシックの説明

LASIKについて
物の見え方のメカニズム
人聞が目から物の情報を得るための、眼の構造、働きにつき、説明いたします。
目に入った光は、角膜という透明な膜に入ります、次に水晶体(レンズ)を通過し、網膜というカメラのフイルムに当たる部分で像を結びます。
近視は角膜のカーブがきつい為、網膜より前で像を結ぶため、像がぼやけてみえます。近視矯正手術では、この角膜のカーブを緩やかにすることで、像が網膜上で結ぶようにするものです。現在多く行われる手術としてLASIKがあります。
LASIK手術について
角膜の厚さは、正常眼約0,5mmといわれています。
まず手術前に点眼により麻酔をします。
角膜の表面を0,2mmにも満たない厚さではがし、蓋(フラップ)の部分を作成します。
フラップ下に、エキシマレーザを照射しまて、角膜を削ります。
照射時間は、近視の度合いにより異なりますが、約10秒~30秒程度です。
照射が終わると、フラップを元に戻し2分闘ほど自然接着するのを待ちます・
フラップを元に戻すとき異物、等が混入しないように洗浄します。
この間の所要時間は消毒も含め、約20分程度と予定下さい。以上が手術室での動作です。
手術後、リカバリールームにてお休み頂き、その後院長が、手術後の経過観察の為、診察いたします。
当日、所要時間は、約2~3時開程です。

近視矯正手術の歴史、その後の開発され現在の支流としてのLASIKの歴史
近視矯手術の歴史は、古く1897年にオランダ人ランス博士により兎の目に角膜に放射状のきり目を入れたのが始まりといわれる。
その後、多くのdrにより、開発研究がなされ、エキシマレーザーを最初に近視の手術として開発したのは、アメリカです。
エキシマレーザは、高エネルギーにもかかわらず、熱を発しないという特徴に着目し、近視矯正手術に利用するが為に研究を重ね、世界で最も厳しいと言われる米FDA{アメリカ食品医薬品局}の承認を得、たちまちアメリカ全土にLASIKよる手術は急増しました。認可が下りた翌年だけで2万件に上ったと記録されています。
現在までに500万件の報告が有るほどアメリカでは、手術結果、実績が多くの国民に支持され、現在も増加の傾向です。
やがて、ヨーロッパにも多くのDRにより広められLASIKは世界的な広がりが見られます。
日本での厚生省認可は、国民性を反映してか、先進国の中では、遅れをとり、2000年1月にようやく厚生省の認可がでました。

聖母眼科でのLASlK(説明より抜粋させて頂きました)
聖母眼科では、毎週水曜日が、LASIK手術日と定め、過去5年間で3,050眼の手術実績を持ち、現在機器は3台目に移行し、時代の最先端機器導入に常に海外とのコンタクトは継続しております。
手術室には、ドイツ,ウエーブフロント社の機械を2台使用しております。アレグレット【EQ】は日本でもまだまだ導入施設が数少なく最高、最良の環境で手術をしてます

|

« たまも会第二分会 | トップページ | 牟礼石明かりロード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ええ~~!
知らなかったです、レーシックの手術をするの・・・
年内中に手術なんですか?


これって遠視にはどうなんですか?
遠視メガネが不自由なもので、、、(^^ゞ

投稿: エレキ社長 | 2005年10月20日 (木) 10時41分

手術日を書くのを忘れてました
11月16日です。その日は運転のみ不可なので、どなして行こうかと考えております。

投稿: 岩ちゃん | 2005年10月20日 (木) 22時39分

無事に昨日手術終了
手術時間は15分
手術室に入り、ベットに横になる
目に麻酔薬をいれ、顔の上に目だけ空いたマスクを付けます。
まぶたをテープで固定して、目を開く器具を付けます。痛みは全くなし。上に見える青い光を見てるだけです。麻酔が効いてなく痛かったらどうしようかと、ふと心配になりましたが大丈夫。目の上の皮をめくる時に少し目を押される感じがするだけ、皮(フラップ)をめくりますと言われ、めくられると見えてたブルーの光がにじみ、あ、めくったのだと判りました。
さあ、レーザー照射、ン??焦げ臭いと思っても10秒くらいで終了。フラップを元に戻し終了です。
マスクを取ってさあ目をつぶって開いて下さいと言われた瞬間、あ、天井が見える。
そのまま、目を開けて休憩室に行き30分位休んで院長の診察。上手くいってますと言うことで安心。
帰りはさすがに目がしょぼしょぼして運転は危ないですね(運転はしてませんけど)
帰ってから別に仕事は可能でした、なんせもう見えてますからね。
左はバッチリ、右はぼやけてますが生活は出来ます。翌日(今日)運転はok夜になってライトが眩しかったので、これは注意が必要。
今日の診察で一週間たったら両目とも安定するそうです。

投稿: 岩ちゃん | 2005年11月17日 (木) 22時36分

一週間後の感想です
利き目の左が1.2位で遠くは見えますが近くが…老眼が来ました。右は0,8位でこちらは近くが見える。
とにかくメガネ、コンタクトとさよならの生活はいいですね。この程度なら我慢すべきか、自然に近くは右で見るようになってるみたいだし。

投稿: 岩佐 | 2005年11月23日 (水) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーシック LASIK Ver1:

» レーシックQ [レーシックで快適生活【レーシック情報満載】]
こんにちは。「レーシックで快適生活【レーシック情報満載】」の管理人のしんのすけと申します。レーシックに関する話題につきトラックバックさせていただきました。なお、当方はトラックバック大歓迎です。何卒よろしくお願いいたします。失礼致します。... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 10時22分

« たまも会第二分会 | トップページ | 牟礼石明かりロード »